アイアンは8割の力でスイングしよう!

タイトル:アイアンは8割の力でスイングしよう!
発行日:2014.10.31
号数:342号

アプローチなどは別として、フルスイングと呼ばれるスイングのとき、
皆さんはどのぐらいの力で振っていますか?

自分が最も速く振れるスイングが10割とした場合、
ラウンド中にいつも10割のスイングをしているという方は、
おそらく良いスコアを出すことは難しいでしょう。

MAXのスイングをすると正確性はどうしても落ちます。

見事ナイスショットしたとしても、
飛距離が数ヤード~20ヤード伸びる程度です。

正確性を犠牲にしてまで、
どうしても得なければならない飛距離だとは思えません。

また、10割のスイングでナイスショットを打つ確立は
やはり低いといえるでしょう。

ドライバーなら飛距離を稼ぎたいという気持ちは分かりますが、
やはり正確性のほうが大事です。

ましてやアイアンともなれば、正確性の優先度が格段に上がります。

そもそも、アイアンは飛距離を稼ぐクラブではなく、
狙ったところにコントロールして打つクラブです。

コントロールしやすくするために、アイアンのスイングは、
10割ではなく8割の力でスイングするように心がけましょう。

何番アイアンで何ヤード飛んだ!
なんて自慢している方を見かけますが、あまり意味がありません。

勿論、飛ばないよりは飛ぶほうがゴルフはやさしくなります。

それは、同じ距離を短いクラブで打つことができるためです。

但し、正確性を犠牲にしてまで飛距離を求めるのは間違いです。

このことをよく覚えておいてくださいね!

セカンドショットが10割スイングでピンまで届かなければ、
番手を一つ上げれば良いだけです。

10割のスイングならば届くので、このクラブを選択という方は、
正確性を犠牲にしているとしか思えません。

自らゴルフを難しくしているようにも感じます。

少し飛んで正確性を犠牲にするか?
それとも、少し飛ばなくても正確性をとるか?

この判断だけでもスコアアップできるでしょう!

スポンサードリンク