ショットはそこそこで問題なし!

タイトル:ショットはそこそこで問題なし!
発行日:2014.11.28
号数:346号

ゴルフのスコアメイクを考えた場合、
とても重要なのがパッティングとアプローチです。

しかし、ショットが無茶苦茶では、ゴルフになりません。

なので、まずはショットがそこそこ打てることが最低限必要になります。

ショットで大切なのは、第一に方向性です。

次に距離感です。

それは、コース上で方向性のミスが大ケガにつながりやすいためです。

大叩きの原因となるOB。

そのほとんどが方向性をミスすることが原因となっています。

グリーンをオーバーして奥の林に打ち込んで
OBということもなくはないですが。(笑)

OBに限らず、ラフや林に打ち込んでしまうのも
方向性の狂いによるものが大半を占めます。

なので、距離感よりも方向性が大切なのです。

まずは、ショットを狙った方向に打つことを練習しましょう。

多少ダフリやトップが出ても方向性を大きく間違わなければOKです。

一つ注意です。

スライスやフックのように途中から曲がる球筋の方が狙うべき方向は、
ボールが着地、或いは止まる方向であって、
インパクト直後の飛び出しの方向ではありません。

ここをしっかりと認識して取り組みましょう。

スコアメイクの大きな壁となるのがOBです。

狙った方向に飛ばすことができれば、100切りに大きく近づきます。

パッティング、アプローチも勿論大切ですが、
まずはショットの方向性を練習しましょう。

スポンサードリンク