前の組がつかえているときにすべきこととは・・・

タイトル:前の組がつかえているときにすべきこととは・・・
発行日:2015.01.30
号数:354号

1ラウンド終了するまでに必ず1つや2つのホールで、
前の組がつかえていて待ち時間があることがありますよね!

ショートホールやロングホールのセカンドなどで、
どうしても詰まっちゃうんですよね。

私が初心者の頃は、この待ち時間がとても嫌いで、
待つだけでイライラしてたことを思い出します。

前の組がプレーしているのを見ながら、
「早く打てよ」(怒)

グリーンで1パットごとに一喜一憂しているのを見ると
「分かったから早く早く」

内心、こんな気持ちでした。

そんな待ち時間が終わり、自分のショットをすると、
大抵がミスショットでした(笑)

ゴルフはメンタルなスポーツです。

イライラしている状態でショットをしても良い結果が出るわけありません。

待つことにイライラしてしまう。

これは、誰が考えてもやってはいけないことだと分かりますよね?

では、前の組がつかえているときにすべきこととは・・・
どんなことがあるでしょうか考えてみましょう!

今からプレーするホールの戦略を考える時間ができます。

待ち時間にホールの形状、風、コースマネジメントなどを
じっくりと考えられます。

次に、前の組のプレーヤーがプレーしているところを
観察することができます。

ショートホールでは、前の組がグリーン上で
パッティングしているところが見えます。

例えば、ピンの上につけた2人が、短い距離なのに外してしまった。

こんな場合は、ピンの上からのパットは難しいと予想できます。

他にも、同じ方向から3人打ったのに全員右に外してしまった。

その方向からは、予想以上に右に切れるか?
予想以上に左に切れなかったか?と予想できます。

このように参考になることが沢山あります。

あなた自身が、観察しようとすれば様々なことを参考にできます。

しかし、観察しようとしなければ・・・
見えるものも見えないのです。

今からプレーするホールのことを書きましたが、それ以外にもあります。

これまでのラウンドの分析や反省です。

ミスの多かった点やスイングのおかしな点などを分析し、
改善策を考えても良いでしょう。

しかし、考えすぎは禁物です。

アレコレ考えすぎてスイング自体がめちゃくちゃになっては
本末転倒です(笑)

他には、気分転換。

特に待ち時間が長い場合は、戦略や観察がある程度できれば、
少しリラックスして気分転換をするのが良いでしょう。

継続して集中できる時間や度合いには限度があります。

要所要所で気分転換をすると、
メリハリがつき集中しなければいけない場面での集中力も増します。

前の組がつかえているときの時間の過ごし方、待ち時間は皆一緒です。

同じ時間をどのように過ごすかで、待ち時間がプラスになったり、
マイナスになったりします。

プラスにするか?マイナスにするか?
コントロールできるのは、実は自分自身だけなのです。

次回のラウンドからは、待ち時間の過ごし方も考えながら
ラウンドしてみましょうね!

スポンサードリンク