アプローチの重要性!

タイトル:アプローチの重要性!
発行日:2015.02.20
号数:357号

プロのトーナメント中継などでもアプローチの場面をよく目にします。

プロでさえグリーンを狙ったショットが外れるケースはよくあることです。

これが一般ゴルファーならグリーンを外すほうが多い、
あるいは殆ど外すという方も多いでしょう。

グリーンを外すとアプローチショットをしなくてはいけません。

100以上のスコアの方なら
アプローチの機会もおのずと多くなるものです。

そのアプローチが上達すれば、スコアアップに大きく貢献できます。

アプローチをミスしてグリーン奥へ、グリーン奥からまた手前に・・・
行ったり来たりを繰り返しているとスコアメイクできません。

上達すれば、アプローチを1パット圏内に寄せ、
1パットでカップインも可能となります。

これができるとパーオンできなくてもパーが取れます。

ならば、パーオンのショットの精度を高めればよいのでは・・・
そう考えてはいけません。

プロでさえ結構グリーンを外すのですから。

まずは、アプローチ上達が先です。

グリーン周りからのアプローチであれば、
そこから2打でカップインすることを目標にしましょう。

アプローチが行ったり来たりという方は、
仮に18ホール全てアプローチに2打要したとすれば、
2×18=36打

これに対し、アプローチを1打で必ずグリーンオンできれば、
1×18=18打

これだけで、18打の差になります。

さらに、アプローチの精度があがれば、
1パットでカップインすることも珍しいことではありません。

こう考えるとアプローチの重要性がより理解できると思います。

スポンサードリンク