力んでしまう悪い癖を矯正するのは簡単で舌!

タイトル:力んでしまう悪い癖を矯正するのは簡単で舌!
発行日:2015.02.27
号数:358号

タイトルの最後の「舌」は、誤字ではありません。
シャレのつもりです(笑)

飛距離を稼ぎたいティーショット、グリーンを狙うショット、
ここ一番の大事な場面などは、誰しも力んでしまいがちです。

中には、全てのショットで力みすぎている方もいらっしゃいます(笑)

ゴルフでミスをするときって、力みが原因ということも多くあります。

このついつい出てしまう「力んでしまう悪い癖」を
簡単に矯正する方法があります。

人間が力むときは、無意識に歯を食いしばっています。

この強く食いしばることによって、
必要以上に身体全体に力みや緊張をもたらしてしまいます。

なので、歯を食いしばれなくすることによって、
力まないように矯正することができます。

具体的には、上下の歯より舌を少し出してスイングします。

スイングするときに力を入れて歯で舌をかまないことがポイントです。

最初のうちは、ついつい無意識のうちに舌をかんでしまうと思いますが
力を入れてかまないようにしましょう。

間違っても舌をかみきらないように注意してくださいね(笑)

まずは、練習場で試してみましょう。

どうですか?

力みたくても必要以上に力めないでしょう!

この方法をラウンドで使うときは、
特定のショットや特定の場面だけではなく、
全てのショットで使いましょう。

そうです。
ルーチンの一部にしてしまえばいいのです。

そのほうが、いつも同じスイングがしやすくなるはずです。

スポンサードリンク