グリップの基本

グリップには、オーバーラッピンググリップ、
インターロッキンググリップ、ベースボールグリップなどがあります。

最も一般的な握り方は、オーバーラッピンググリップです。

オーバーラッピンググリップの握り方について説明します。

左手の小指、薬指、中指の3本の指の付け根でしっかりと握ります。

このときグリップエンドは、2cm程度あまらせて握るようにしましょう。

左手の親指は、シャフトの少し右側に乗せるように握ります。

このとき親指と人差し指の間が開かないように密着させましょう。

親指を長く握ることをロングサムといいます。

短く握ることをショートサムといいます。

ロングサムで握るとアドレスの際にグリップが下がる
ハンドダウンになるので、ショートサムで握りましょう。

右手は、横から添えるようにします。

右手の小指を左手の人差し指に重ねます。
(左手の人差し指と中指の間に重ねてもかまいません)

そして、右手の薬指と中指で握り、
親指と人差し指を間が開かないように密着させます。

アドレスしたときに、左手のナックルが1つか2つ見えるのが基本です。

握る強さは、グリップが緩まない程度に左手は握りましょう。

右手は添えている程度で強く握ってはいけません。

オーバーラッピンググリップでは、違和感があるとか、
両手の一体感に欠けると思われる方は、
インターロッキンググリップを試してみましょう。

握り方で異なる点は、
左手の人差し指に右手の小指を引っ掛けて握るところです。

この握り方は、手の小さな方にもおすすめです。

スポンサードリンク