スタンスとボールの位置

スタンスとボールの位置は、使用するクラブによって異なります。

スタンスは、クラブが短くなる程、狭くなります。

ボールの位置は、左足を基準に考えるとクラブが短くなる程、右方向、
かつ体に近づくようになります。

(アプローチショット、バンカーショット、トラブル時のショットなどの
特別なショットではなく、通常のショットを対象に説明しています)

ドライバーの場合

スタンスは、両足の内側が肩幅程度のスタンス幅が理想とされています。

ボールの位置は、左足のかかとの延長線上にセットしましょう。

サンドウェッジの場合

スタンスは、両足の外側が肩幅程度のスタンス幅が理想とされています。

ボールの位置は、スタンスの中央の延長線上にセットしましょう。

ドライバーとサンドウェッジのスタンスとボールの位置を参考に、
その間のクラブごとの、スタンスとボールの位置を決めましょう。

しかし、全てのクラブごとにスタンスとボールの位置を決めるのは、
初心者の方には、なかなか難しいものです。

そこで、①ドライバー、②フェアウェーウッド、③ロングアイアン、
④ミドルアイアン、⑤ショートアイアン、⑥サンドウェッジの
6パターンのスタンスとボールの位置を決めて練習しましょう。

スポンサードリンク