アドレスの基本

アドレスとは、ボールの位置に対して構えたスイングの
準備姿勢のことをいいます。

アドレスの基本は、飛球線に対してスクエアに構えます。

このとき、スタンス、ひざ、腰、肩のラインが揃って
スクエアになっているか確認しましょう。

スタンス、ひざ、腰、肩のラインがオープンになっていると、
アウトサイドインの軌道になりやすく、スライスが出やすくなります。

逆に、スタンス、ひざ、腰、肩のラインがクローズになっていると、
インサイドアウトの軌道になりやすく、フックが出やすくなります。

いくら良いスイングをしても、狙った方向に飛ばないと意味がありません。

常に正しく構えられるように練習しましょう。

また、ひざ、腰は地面に対して平行になるようにしましょう。

肩は、グリップが左の手の下に右の手のがくるため、やや右肩が下がります。

背すじはまっすぐにして、股関節から前傾します。

決して背中を丸めてはいけません。

腰を少し落とし、ひざは軽く曲げます。

このとき、ひざが必要以上に力まないことが大切です。

また、つま先やかかとに重心がかかると
バランスの良いスイングができません。

重心を低くしバランスよくアドレスしましょう。

グリップの位置は、左足太ももの内側です。

両腕を自然に下ろしグリップしましょう。

アドレス完成までの手順

アドレスに入る前にボールの後方に立って、ターゲットを決め、
ボールとターゲットを結ぶライン上で、
ボールから1m前後のところにスパットを見つけます。

クラブのフェースをボールとスパットに対して直角に合わせます。

それから左足、右足の順にスタンスをします。

スポンサードリンク