テークバックの基本

アドレスからクラブを引き始める動作のことをテークバックといいます。

クラブヘッドが右足の前にくるまで、体とクラブを一体化し、
飛球線に沿ってまっすぐに引きます。

このときクラブフェースはボールに向けた状態のままです。

両ひじを曲げず、クラブヘッド → 腕 → 肩 → 
腰の順番に連動して動きます。

このときグリップと両肩でできた三角形を崩さないように意識しましょう。

クラブヘッドは、右足の前を通過すると体の回転によって、
若干インサイドに引くようになります。

必要以上に意識してインサイドに引きすぎないように注意しましょう。

腕だけでクラブを持ち上げるとひじが曲がり、
安定したスイングができなくなるので注意しましょう。

グリップが右腰の高さにきたときに、シャフトが地面と平行になり、
さらに飛球線に対しても平行になるようにしましょう。

このとき、クラブフェースは正面かややクローズした状態になります。

体重移動もグリップが右腰の高さにきたときに完了することが大切です。

テークバックは、上体の特に腕や肩の力を抜いて、
リラックスした状態で行いましょう。

スポンサードリンク