トップスイングの基本

トップスイングは、バックスイング完了の位置でもあり、
ダウンスイング開始の位置でもあります。

非常に重要なところです。

上体を回転させ左肩があごの下に入ります。

右脇と右ひじは90度になるのが正しいトップです。

このときひじが浮かないように注意しましょう。

上体の捻転が大きければ大きいほど、インパクトの力は大きくなります。

しかし、必要以上に捻転することを意識しすぎると、
スエーの原因となるので注意しましょう。

正しいトップでは、左手親指にクラブの重みを感じます。

必ず左手親指にクラブの重みを感じるように練習しましょう。

左手首が甲側に折れていると、フェースが開きスライスしやすくなります。

逆に左手首が手のひら側に折れていると、
フェースが閉じて引っ掛けやすくなります。

トップでのクラブシャフトは地面と平行になるところまでが
MAXだと考えましょう。

それ以上、振りかぶるとオーバースイングになり
ミスショットの原因につながります。

アドレスの頭の位置を変えない、ボールをよく見ようと意識しすぎると、
トップで右足に体重移動せず、左足に体重が残ったままになり、
正しいトップの形にならず、ミスショットの原因につながります。

スポンサードリンク