インパクトの基本

インパクトとは、クラブヘッドがボールをヒットする
瞬間のことをいいます。

クラブヘッドとボールがあたるのはインパクト以外にありません。

極論しますとインパクトさえ正しければナイスショットができるのです。

アドレス、バックスイング、ダウンスイングが理想とかけ離れていても
インパクトが正しければいいのです。

しかし、正しいインパクトをしやすくするためには
アドレスからフィニッシュまで考える必要があるといえます。

あたりまえですがインパクトだけのスイングはありませんので、
スイング全体を通して、正しいインパクトを目指す必要があるわけです。

インパクトは、アドレスと似た形になります。

アドレスと異なる点は、下半身が先行してスイングが行われているため、
アドレスに比べインパクトのほうが、下半身が少し開いた状態になります。

また、ハンドファーストになり、左肩に比べ右肩が低くなります。

ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトするのが基本です。

アッパーブローにインパクトすることによって、
ボールのバックスピン量を抑え飛距離を稼ぐことができます。

アイアンショットは、ダウンブローにインパクトするのが基本です。

ダウンブローにインパクトすることによって、
番手どおりの正確なショットが実現できます。

スイングの最下点の直前で、アイアンショットはインパクトし、
最下点を過ぎてヘッドが上昇するときにドライバーショットは
インパクトします。

スポンサードリンク