フォロースルーの基本

フォロースルーとは、インパクト後のスイングのことをいいます。

アドレスのときの体とグリップとの間隔を保ち
フォロースルーをすることが大切です。

この間隔はグリップが左腰の前にくるまで維持しましょう。

クラブシャフトが地面と平行になったときに、
体はターゲットを向きグリップエンドがへそを向いているのが理想です。

このとき、左ひじを引いてしまいクラブフェースが上を向いたり、
手を返しすぎてクラブフェースが下を向いたりしないように
注意しましょう。

クラブシャフトが地面と平行になったあとは、
右手を伸ばし大きく振り抜きましょう。

頭を無理に残そうと意識しすぎて、
フォロースルーが中途半端に終わってしまわないように注意しましょう。

インパクト後に体重は、右足から左足に移動するにつれ、
右足のかかとが徐々に上がっていきます。

ことのき体重を支える左足が流れないように注意しましょう。

スポンサードリンク