ランニングアプローチの基本

ランニングアプローチとは、転がして寄せるアプローチのことをいいます。

アプローチは、基本的に上げるより転がすことを基本として考えましょう。

そのほうが、ミスショットの可能性が低くなります。

ランニングアプローチとピッチエンドランは、
アプローチの中でも基本中の基本です。

しっかりマスターしましょう。

グリーンエッジに近く、グリーンエッジとピンまでの距離が比較的近く、
途中に障害物がない場合は、
ランニングアプローチで寄せるのに適しています。

ランニングアプローチで使用するクラブは、サンドウェッジ、
ピッチングウェッジ、6番~9番アイアンなどが主に使用されています。

自分が寄せやすいクラブを使用することが大切です。

オープンスタンスでスタンス幅を狭くし、
7:3か8:2の左足体重で構えましょう。

スイング中、体重移動は行ってはいけません。

ハンドファーストに構え、
ボールは右足の前に置いてフェースのロフトを立てます。

このときフェースは目標方向を向きます。

クラブを短く握り、グリップエンドを5cm程度あまらせます。

グリップは強めに握り、
手首は固定したままフェースの向きを変えないようにスイングします。

フォローではフェースが目標方向を向いたままになるようにしましょう。

ランニングアプローチは、
上から打ち込まずソールを滑らせるイメージを持ちましょう。

正確にヒットできれば、ボールは低く出て転がります。

スポンサードリンク