パッティングの基本

パッティングのグリップの握り方は人それぞれですが、
最も一般的な逆オーバーラッピングの説明をします。

オーバーラッピングの逆で、
右手の小指の上に左手の人差し指を重ねて握ります。

このとき、両手の親指は、グリップの中心にあわせましょう。

スタンスをターゲットラインに対してスクエアに構え、
フェースもターゲットラインに正確にあわせましょう。

このときボールが左目の下にくるように注意しましょう。

スライスやフックラインのときは、
カップではなく想定したターゲットラインに対して、
スクエアにアドレスしなければいけません。

腕の力を抜き、グリップはできるだけ軽く握りましょう。

ストローク中にフェースの向きを変えないようにすることが、
最も重要です。

手首を固定してストロークしましょう。

ストロークは、ヘッドをまっすぐ引いて、まっすぐ出すのが基本です。

ストローク中の両肩の動きは、
横方向ではなく、縦方向が正しい使い方です。

ボールを打ち終わるまでは、
ボールの行方を気にしてヘッドアップしないように注意しましょう。

距離の調節は、インパクトの強さではなく、
振り幅で調節するようにしましょう。

アドレス完成までの手順

アドレスに入る前にボールの後方に立って、ターゲットを決め、
ボールとターゲットを結ぶライン上で、
ボールから30cm前後のところにスパットを見つけます。

パターのフェースをボールとスパットに対して直角に合わせます。
それからスクエアにスタンスをします。

スポンサードリンク