ラフ

ラフとは、フェアウェーよりも芝が長いところをいいます。

ラフからのショットは、フェースとボールの間に芝が入り、
バックスピンがかからず、ランが多くなります。

ヘッドスピードが速い場合、弾道が低くなることによって、
ボールが飛びすぎてしまいます。

この現象を「フライヤー」といいます。

しかし、ヘッドスピードがあまり速くない場合は、
芝の抵抗に負けるため飛距離が落ちる傾向にあります。

ラフに入った場合、まずボールのライを確認しましょう。

逆目のラフの場合は、
距離を犠牲にしても確実に脱出できることを考えましょう。

ピッチングやサンドウェッジを使用して打ちましょう。

順目のラフで、ボールが半分以上浮いていれば、
フェアウェーウッドや5番アイアンの使用も可能です。

順目のラフで、ボールが半分以上沈んでいれば、
7番アイアン以下のクラブを使用しましょう。

また、ボールが完全に沈んでいる場合は、
ピッチングやサンドウェッジを使用し、確実に脱出しましょう。

ボールはスタンス中央に置き、アドレスします。

芝の抵抗によって、フェースの向きが変わりやすいので、
クラブは短く持ち、左手はしっかりと握りましょう。

クラブのリーディングエッジで芝を刈り取るイメージで、
早めにコックを行い、コンパクトに振りましょう。

フルスイングではなく、
スリークウォーターショットに抑えることが得策です。

スポンサードリンク