左足上がり

左足上がりとは、右足よりも左足が高くなる斜面のことをいいます。

左足上がりでは、右足体重のスイングとなるため、
フックボールが出やすくなります。

また、斜面の傾斜によってクラブのロフトが通常よりも大きくなるため、
ボールは上がりやすく飛距離が落ちます。

傾斜なりになるべく垂直になるように、右足体重でアドレスします。

ボールはスタンス中央に置き、右足体重のまま体重移動をせず、
斜面に沿ってコンパクトに振り抜きます。

体重移動をすると、上から打ち込むようなスイングとなり、
傾斜にヘッドが刺さって振り抜けなくなります。

逆にすくい上げようとするのもミスショットにつながりますので、
注意が必要です。

左足上がりからのショットは、フックボールが出やすいため、
ターゲットを少し右に想定しましょう。

また、ボールが上がりやすいため飛距離が落ちます。

番手を上げるなどの判断も必要となります。

スポンサードリンク