左足下がり

左足下がりとは、右足よりも左足が低くなる斜面のことをいいます。

左足下がりでは、オープンスタンスで左足体重のスイングとなるため、
スイングの軌道がアウトサイドインになりやすく、
斜面の傾斜によってクラブのロフトが通常よりも小さくなるため
ボールは上がりにくくなります。

傾斜なりになるべく垂直になるように、オープンスタンスの左足体重で、
アドレスします。

ボールはスタンス中央に置き、左足体重のまま体重移動をせず、
斜面に沿ってコンパクトに振り抜きます。

フルスイングではなく、
スリークウォーターショットに抑えることが得策です。

スイングの軌道はアウトサイドインで、
フォロースルーは低く出すようなイメージを持ちましょう。

体重移動によって右足体重になったり、
すくい上げようとすると、ダフリなどの原因となります。

左足下がりからのショットは、ボールが右に出やすいため、
ターゲットを少し左に想定しましょう。

また、ボールが上がりにくく、通常の番手どおりにボールが上がらず、
ライナー性のボールが出ることを想定しておきましょう。

スポンサードリンク