スライス矯正(クローズスタンス)

ボールが途中から大きく右に曲がっていくスライスは、
アウトサイドインのスイング軌道やオープンフェースなどによって
もたらされます。

初心者の方のほとんどは、スライスに悩んでいるといわれています。

スライスは、クラブが長くなって飛距離が出やすいほど、
OBの危険性も高くなります。

また、スライスは飛距離の面でもかなりロスしています。

スライスでお悩みの方に、スライスを矯正する練習法をご紹介します。

通常のアドレスの状態から体だけを動かし、クローズスタンスに構えます。

このとき、フェースは目標方向に向けたままです。

スタンスどおりにスイングするとアウトサイドインの軌道の方も、
インサイドアウトの軌道になることを実感できます。

また、体が早く開いてしまうことによって、
フェースが開いて当たるという方も、
クローズスタンスにすることで体とフェースも開かず、
しっかりとインパクトすることができます。

この方法で必ずスライスしなくなります。

正しいスイング軌道で、正しいインパクトをすることができれば、
間違いなく飛距離もUPします。

この練習でインサイドからクラブを振り下ろす感覚と
インパクトの際にフェースが開かない感覚を養いましょう。

上手く打てるようになれば、スクエアスタンスで打ってみましょう。

インサイドアウトの軌道とインパクトでフェースが開かないことを意識して
スイングしましょう。

スポンサードリンク