フック矯正

ボールが途中から大きく左に曲がっていくフックは、
過度のインサイドアウトのスイング軌道で
手やフェースが急激に返ることによってフックとなります。

フックは、中級者によく見られる悩みといわれています。

フックは、クラブが長くなって飛距離が出やすいほど、
OBの危険性も高くなります。

フックが出始めると方向性をコントロールすることが非常に困難となり、
スコアにも悪影響をもたらします。

フックでお悩みの方に、フックを矯正する練習法をご紹介します。

実際のボールの後方斜め手前30cmに予備球を置きます。

この予備球に当てないようにスイングして実際のボールを打ちましょう。

このときスタンスはスクエアに構えましょう。

予備球に当てないように、
アウトサイドインのスイング軌道でスイングしましょう。

予備球に当たりそうで不安という方は、
30cm以上離れた位置に置いて練習を始め、
徐々に近づけていくとよいでしょう。

スイング軌道がアウトサイドインになることによって、
手やフェースが急激に返るミスもなくなり、フックが矯正されるはずです。

スポンサードリンク