飛距離アップ(押しつけインパクト)

正しいインパクトの形を実感し、
飛距離アップを目指す練習法をご紹介します。

手打ちのスイングの方が体全体を使って、
力を効率よくインパクトに伝えられるようになります。

また、ダフりやトップの改善にもつながります。

押しても動かないものや練習場のマットの端などを利用して、
クラブを目標方向に押しつけインパクトの形をとります。

腰は30度程度開き、肩はややオープン、ハンドファーストにして、
頭はボールよりも右に置きましょう。

左足に体重が多く乗るようにします。

この形で、腕の力だけでなく体全体で押す練習をします。

左足の踏ん張りと左サイドの壁を実感しましょう。

その後、実際にボールを打つときに、
このインパクトの形を意識してスイングしましょう。

以前よりも力強く効率のよいインパクトができ、
飛距離アップができるはずです。

スポンサードリンク