ダフリ、トップ矯正

ダフリとトップの原因は、
インパクトの際に正しくヘッドが戻ってこないためにおこります。

アドレスより状態が伸び上がればトップになり、
上体がかぶるとダフリになります。

ダフリやトップでお悩みの方に、おすすめの練習法をご紹介します。

実際のボールの後方30cmに予備球を置きます。

この予備球に当てないようにスイングして実際のボールを打ちましょう。

このときスタンスはスクエアに構えましょう。

予備球に当てないように、上から鋭角的にスイングしましょう。

スイング中は体が上下動しないように心がけましょう。

予備球に当たりそうで不安という方は、
30cm以上離れた位置に置いて練習を始め、
徐々に近づけていくとよいでしょう。

インパクトの際に左ひざが伸びたり、
右肩が前に突っ込んだりしないように注意しましょう。

スイング軌道が鋭角的になり、
クリーンにボールをヒットできるようになり、
ダフリやトップを矯正できます。

スポンサードリンク