アプローチ上達(クロスハンドグリップ)

アプローチで、右手を使いすぎて、ダフりやトップが出やすい方、
方向性が安定しない方におすすめの練習法をご紹介します。

アプローチのように短い距離を打つ場合でも、
決して手だけでスイングしてはいけません。

アプローチでも体の回転で打つことが基本です。

使用するクラブは、サンドウェッジです。

グリップする左右の手を上下逆に入れ換えたクロスハンドで握りましょう。

ハンドファーストに構え左腕を伸ばしたままスイングしましょう。

スイング中は、体の軸がボールよりも右に置かないように注意しましょう。

グリップをクロスハンドにすることで、
右手の動きが抑えられ左手のリードによって
スイングすることが実感できます。

その後、通常のグリップに戻してスイングするときも、
左手のリードを忘れないようにしましょう。

この練習によって、ダフりやトップなどのミスが改善されます。

また、アプローチの方向性もよくなります。

さらに、アプローチだけに限らず、全てのスイングに効果をもたらせます。

スポンサードリンク