パッティングストローク矯正

パッティングのストロークは、
スクエアに引いてスクエアに出すことが基本です。

このスクエアに引いて出すことで、安定したストロークが得られます。

アウトサイドインやインサイドアウトの軌道になっている方や
ヘッドの軌道が安定しない方におすすめの練習法をご紹介します。

2本のクラブを目標方向に平行にして、並べておきます。

クラブの間隔はパターのヘッドよりも少し広くします。

2本のクラブの間にボールを置き、
スタンスとパターのフェースを目標方向に向けてストロークします。

ストローク中は、2本のクラブにパターが当たらないように
スクエアに引いて、スクエアに出しましょう。

ストローク中の両肩の動きは、
横方向ではなく、縦方向が正しい使い方です。

手首を固定してストロークしましょう。

この練習を繰り返すことによって、
スクエアに引いて、スクエアに出す感覚が養えます。

地味な練習方法ですが、
ストロークが安定していない方に非常に効果的です。

この練習は、素振りだけでも充分効果があります。

自宅でも簡単にできますので、日課とするとより効果的です。

スポンサードリンク