アドレスが右を向く

アドレスは、スイングの準備姿勢のことですが、
このアドレスが正しくできていない方が結構います。

中でも一番多いのが、アドレスの方向が目標ラインに平行して
まっすぐ向いていないことです。

それも、正しいアドレスの方向より右に向いている人が
70%程度いると言われています。

さらに、右を向いていることを自分で認識していない人がほとんどです。

初心者の誰しも意図的に右を向いて構えようとはしていませんが、
何故右を向いてしまうのか?

原因は、目標を見て、クラブフェース、スタンス、肩、腰のラインを
合わせてしまうことにあります。

ボールから見てつま先までは、クラブを振るため少し距離があります。

そのため、スタンスの向きは実際には、
目標よりも左を向いていなければなりません。

しかし、多くの方が目標にクラブフェースを合わせ、
同じ目標にスタンスを合わせてしまうためにおこるミスです。

スタンスが右を向けば、肩や腰も右を向きやすくなります。

目標よりも右を向いたアドレスでは、
ショットをしてもそのまま右に飛んだり
左に引っ掛けてしまったりなどのミスショットの可能性が高くなります。

ではどうすれば、正しくまっすぐにアドレスできるのか?

まず、アドレスに入る前にボールの後方に立って、目標を決め、
ボールと目標を結ぶライン上で、
ボールから1m前後のところにスパットを見つけます。

クラブのフェースをボールとスパットに対して直角に合わせます。

それからボールとスパットのラインに平行に左足、
右足の順にスタンスをします。

スタンス後に目標を見すぎたり、体を目標方向に向けて見たりすると、
スタンスはまっすぐ構えているのに肩、腰が無意識のうちに
目標方向、つまり右を向いてしまうこともあるので注意しましょう。

ラウンド中に正しいアドレスで構えるためには、
当然のことながら普段の練習から正しく構えることが必要です。

そうでなくても、
コースではティーグラウンド自体が目標に対してまっすぐでなかったり、
周りの景色で方向性を錯覚しやすいシチュエーションなどもあります。

必ず、練習時から正しくアドレスできるようにしておきましょう。

オススメの練習法は、アドレスが右を向く矯正
ご覧になってください。

スポンサードリンク