アドレスが右を向く矯正

正しいアドレスの方向より右に向いている人が
一般ゴルファーの70%程度いると言われています。

何故右を向いてしまうのかは、アドレスが右を向く
ご覧になってください。

アドレスしたときに何故か目標ラインと平行してまっすぐ向かず、
右を向いてしまう方の矯正法を紹介します。

まず、矯正法の前に覚えてほしいことがあります。

練習場のスタンスをするマットなどは、
野球のバッターボックスのような枠になっていて
ボールに対してスタンスしやすくなっています。

皆さん練習する際にこのマットはどこが目標ラインなのか
確認していますか?

後方に立ち、クラブをマットの端のラインと合わせて見ましょう。

そして、ボールの位置までクラブを動かしたときのライン、
これが目標ラインです。

マットのラインどおりにスタンスする場合は、
このライン上の目標を狙って練習しましょう。

さて、本題の矯正法です。

練習場のネットを支える支柱やいくつかあるピンを目標にして、
1回1回目標を変えてアドレスします。

アドレスに入るときは、1回1回必ず後方から見てスパットを見つけ、
スパットを利用してアドレスに入りましょう。

一番良いのは、誰かに後方からチェックしてもらう方法です。

チェックのポイントは、後方から見て、
「ボールと目標を結ぶラインとスタンス、肩、腰が
平行になっているか」です。

間違ってもスタンス、肩、腰が目標を向いていてはいけません。

ここを間違えると全てが狂ってしまいます。

誰かにチェックしてもらうことがベストですが、
一人で練習する方のためのチェック方法もあります。

アドレスして、両つま先を結ぶラインにクラブを置き、
後方から見て、ボールと目標を結ぶラインと平行かどうかチェックします。

この方法で、スタンスの方向を自分でチェックすることができます。

練習場のマットは、そのまま使えばスタンスしやすいのですが、
目標を1回1回変えて練習してみると
マットの示す方向とは異なる方向にスタンスをする必要があります。

こうなるとマットがないほうがスタンスしやすく、
マットによって錯覚をおこしやすくなります。

こういう状況で練習すると、コースでも少々の錯覚には陥らなくなります。

アドレスは、スイングが始まっていない静止した姿勢です。

そのため、軽視しがちですが間違ったアドレスが、
ショットの正確性を下げたり、
ミスショットの原因を作っていると考えて真剣に取り組みましょう。

是非お試しください!

スポンサードリンク