練習場だけでは上達しない理由

皆さんゴルフが上達したくて、練習場に定期的に通い練習しますよね。

でも、練習場での練習だけでは上達しづらい、
あるいは上達しない理由を考えてみたいと思います。

一番に練習場は、「平らなところから打てる」という特徴があります。

コースに出ると、左足上がり、左足下がり、つま先上がり、
つま先下がりなど傾斜のある場所でショットすることもかなりあります。

ティーショットは必ずフェアウェイに打てて、
セカンド、サードショットで必ずグリーンオンする腕前の方は別として、
ショットが安定しない初心者であればなおのことこういう場面には、
良く遭遇します。

練習場では、このような場面からショットする練習はできないですよね。

次に練習場は、
「人工マットの上のボールが打てる」という特徴があります。

このマットは、人工の芝がボールをティーアップしているのと
同じ役割になっていてそのティーアップの高さは一定です。

また、マットは滑りやすくなっているため、
少々ダフったりしてもボールは飛んでいきます。

コースでは、同じフェアウェイでも
芝の長さが微妙に異なることもあります。

ラフに入ると、芝が絡みついて、
練習場では経験のないショットを体験するでしょう。

また、ベアグラウンド、ディボット跡などは
芝のようなティーアップする役目のものがありません。

ダフってしまうと、ミスショットにつながります。

練習場は、スタンスする場所に野球のバッターボックスのような
マットがあり目標に対し、まっすぐにアドレスしやすくなっています。

コースでは、ティーグラウンドは比較的アドレスしやすくなっていますが、
全てのティーグラウンドがフェアウェイの真ん中に向かってまっすぐに
できているわけではありません。

中には意図的に斜めにティーグラウンドが造られている場合もあります。

セカンド、サードショットは、自分の感覚を頼りにアドレスすることが
必要となります。

たかがアドレスと思わないで下さい。

アドレスが右を向いてしまっている人が結構います。

最近は、バンカー練習のできる練習場が多くなってきましたが、
皆さんは、バンカーの練習は普段からされていますか?

アプローチの練習は入念にするのに、
バンカーショットの練習はしないという人が
結構いるのではないでしょうか。

コースでは、
1ラウンド中1,2回は入ってしまう経験はあることでしょう。

多いときは、4,5回ということも。

普段からバンカーの練習をしても、砂の質によってかなり違いがあり、
上手くショットする確立は練習のときより低くなるでしょう。

ましてや、練習場でバンカーの練習をしていなければ、
上手く出すほうが確率は低いでしょう。

パッティングも同様にコースと同じような環境で練習することは
難しいですよね。

素振りだけでもかなりの効果があるのですが、皆さん素振りしていますか?

パッティングはコース以外したことがない。

そんな方も多いのではないでしょうか。

ざっと考えるだけでも練習場だけでは練習しづらい、
練習できないことがたくさんあります。

ではどうやって、克服するのか?

練習の工夫で少しは補える部分もあると思いますが、
やはり経験しなければ分からないことのほうが圧倒的に多いでしょう。

これが、ラウンド数の差として出てくるものだと思います。

やはり、ラウンドは定期的に必要です。

その中で、色々な経験を重ね一つ一つ覚えていくものだと思います。

だからこそ、ラウンド数の多い熟練者は、
スコアが極端に崩れることがないのだと思います。

私は決して練習場で練習することが無意味だと
言っているのではありません。

練習場で練習できる範囲の練習をするだけでも、
しない人に比べればその差は歴然と出てくるでしょう。

大切なことは、
練習場とコースの違いを知識として記憶するということです。

知っているのと知らないのでは対処の仕方が変わってきます。

知っているだけで、早く克服できたり、
回り道しなくて良いことも多くあります。

スポンサードリンク