風を読む

コースに出る日がたまたま風の強い日に当たってしまったという
経験は皆さんお持ちではないでしょうか?

できれば、天候が良く無風の日にコースを回りたいですよね。

しかし、そんな良いコンディションばかりではありません。

風が吹いている日は、風が吹いていない日に比べ、
風を読むという、考慮すべき条件が一つ加わります。

コースで風が吹いているときは、ショットのたびに風を考慮に入れて
ショットすることが必要となります。

風の強さや、フォロー、アゲインスト、左右からの横風などの方向を
適確に判断し、それをショットに活かすことができるかどうかで
スコアはかなり変わってきます。

まず、風がどの方向から、どれだけ吹いているのかを観察します。

周りにある木の葉っぱの揺れ、地面の芝を少しとって手を肩の高さにして
そこから離してみたり、自分で体感したりなどの方法で観察します。

また、コースの風はティーグラウンド、セカンド、サード、
グリーンなどの場所によって
一定の方向ではなく異なる方向から吹いている場合もあります。

ショットする場所からキャリーさせようと
狙っている地点までの風がどうなっているか注意深く観察しましょう。

次にショットへの影響度を考えましょう。

飛距離が短いよりも長いほうが、風の影響を受けやすくなります。

また、低いボールよりも高いボールのほうが、
風の影響を受けやすくなります。

そう考えると、ティーショットとグリーンオンを狙うショットが
特に影響を受けやすいと言えます。

では、どのぐらいショットへの影響度を見込んで
クラブ選択や目標設定をすればよいのか?

そうです。

これが問題なのです。

これがわかれば風は貴方の味方となるでしょう。

風の中でのショットは、風の強さ、方向、貴方の飛距離、ボールの弾道、
球筋など様々な要因が複雑に絡み合っています。

風を読んで適確に判断して、ナイスショットをするには、
やはり経験がものを言います。

観察 → 想像、判断 → ショット → 結果。

その結果をもとに次のショットでの想像力や判断力を磨く。

この繰り返しこそが風の攻略だと思います。

スポンサードリンク