パッティングの準備

皆さんがパッティングをするまでに必ずやっていることってありますか?

私は、グリーンオンした後、歩きながらグリーンの傾斜を観察します。

同伴者の迷惑にならないように、できるだけ早くグリーンに行きます。

それは、ラインや速さを読む時間を長く作りたいからです。

グリーンでは、まずボールの後方からカップを見てラインを想定します。

そして、今度は逆にカップの後方からボールを見てラインを想定します。

その移動の間もずっとボールとカップまでの傾斜を観察して、
速さを想定します。

それらのインプットされた情報をもとに想定するラインと速さを決めて
アドレスをします。

そしてパッティングという手順を守ってプレーしています。

プレー内容によっては、時間をかけられないときも確かにあります。

グリーン周りからアプローチして
誰よりも遠い位置に乗せてしまったときなどは
一番にパッティングしなければならず、
さらにピン後方まで遠いのでこの手順どおりにできないこともあります。

しかし、可能な限り私はこの手順を守ってプレーすることで、
パッティングの精度は格段によくなりました。

ボールの後方からカップを見ている人は結構いますが、
カップの後方からボールを見ている人はあまり見かけません。

カップの後方からボールを見てラインを想定していない人は、
是非次回のラウンドで試してみてください。

ボールの後方から想定したラインとカップの後方から想定したラインが
同じであれば、確信を持ってパッティングできます。

もしラインが異なる場合は、どちらのラインが正解なのか、
ラインとラインの中間を狙うのかなどの判断がなされます。

余計な迷いが生まれてくることにつながると思わないでください。

一つの情報よりも複数の情報からラインを総合的に判断したほうが、
間違いは少なくなります。

想定していたラインどおりにパットしたのに入らなかった。

カップの後方から改めて見ると当然の結果だった。

カップの後方から見ていればカップインできただろう。

このようなもったいないことをしてほしくありません。

皆さん、パッティングの準備を是非実践してくださいね。

私は、この準備をするだけで、パッティングのスコアが良くなるばかりか、
パッティングの上達スピードも上がると信じています。

スポンサードリンク