飛距離アップ(右手1本スイング)

ヘッドをスムーズに加速させる感覚を養い
飛距離アップを目指す練習法を紹介します。

飛ばそうとするあまり右手が力んで、逆にスイングの抵抗を生み、
その結果スイングスピードが思ったより上がらない人に
おすすめの練習法です。

使用するクラブはドライバーです。

クラブを右手1本で持ち、ハンドファーストに構えます。

それ以外は、通常のアドレスと同じです。

このときの右手首の角度をキープしたまま、体の回転で打ちます。

飛距離は100ヤード飛ばなくてかまいません。

この練習によって、
正しいインパクトゾーンでの右手の使い方が養われます。

決して、力んだり、右手首をこねたり、
使いすぎたりしないようにしましょう。

飛距離アップを目指すのであれば、右手のパワーが不可欠です。

しかし、必要以上に力んだり、間違った動きをしてしまうと
右手のパワーが活かされないばかりか、
右手がスイングの邪魔となり飛距離が伸びない結果となります。

ここをしっかりと理解しましょう。

そして、この練習で養った右手の感覚を保ちつつ、
両手でスイングするときも同じようにインパクトゾーンで
正しく右手を使いましょう。

これで飛距離アップできるはずです。

スポンサードリンク