常に同じボールを使用する

ラウンド中に使用するボールについて考えてみます。

ゴルフボールは、様々なメーカーが製造しており、
様々な種類のボールが存在します。

飛距離が伸びるもの、伸びないもの。

打感がやわらかいもの、硬いもの。

スピンがよくかかるもの、かかりにくいもの。

などの特徴のあるボールが開発され、
現在は、飛距離、スピン性能、やわらかさを兼ね備えたものが
主流となっています。

また、ボールにはディンプルがあります。

ディンプルの形状、深さ、数などもボールによって異なり、
飛びにも影響を与えます。

どれが自分に合っているかは、
実際に使用してみないと分からないと思います。

また、ショットやパターの打感、飛距離、スピン性能、デザインなど
選ぶ基準というのも人ぞれぞれだと思います。

私は、自分に合ったボールをどのような基準でチョイスするのが
よいかということよりも、
常に同じ名称(商品名)のボールを使用することをおすすめします。

ボールは、それぞれに飛距離、スピン性能、やわらかさなどが異なります。

そのため、同じショットやパッティングをしたとしても
結果が全く同じではないということになります。

ここで考えていただきたいことがあります。

ここに同じ名称(商品名)のボールが2個あります。

ターゲットまでは、140ヤードです。

貴方は、2回スイングしてほとんどブレずに2個のボールを
止めることができるでしょうか。

なかなか難しいですよね。

この例では、1回目と2回目で条件的に変わっているものはありません。

地面の傾斜、ターゲットまでの距離、クラブ、ボール全て
同じ条件でショットしています。

それでも、1回目と2回目に打ったボールを、
ぴたりとよせることは難しいものです。

何が言いたいかと言うと
変えなくて良い条件、つまりわざわざ変化させなくて良い条件は
あえて変化させる必要はないということです。

もっと言うとあえて変化させてはならない。

ただでさえ、ラウンド中のショットの際の条件は、常に変化します。

地面の傾斜、ホールロケーション、風向き、ボールのライ、
クラブの番手など刻々とそのショットの条件は、いやでも変化します。

そのうえ、ボールまで変化させてはならない。ということです。

ボールを変えるだけで大げさだと思わないでください。

ナイスショットをするには、変化しない条件でショットするほうが
有利であることは議論のないところだと思います。

特にパッティングは、微妙なタッチが要求されます。

違うボールを使用した場合、タッチがあわなかったのか
自分のフィーリングにズレがあるのか判断すら難しくなります。

少なくても同じボールを使用していれば、
原因はボールの違いということはありえない訳です。

原因を増やさないためにも
同じボールでパッティングすることが大前提です。

新品のボールは、高価なのでロストボールを使用している方も
いらっしゃるかもしれません。

ロストボールは、ボールの磨耗や水分を吸っていたりして、
本来持つボールの性能ではないかもかもしれません。

できれば、ロストボールよりは、新品を使用するほうがベストです。

どうするかは、OBの数なんかも考えて決めましょう。

絶対守ることは、必ず同じ名称(商品名)のボールを使用することです。

スポンサードリンク