ルーティンの大切さ

スイングを始動するまでの一連の動作をルーティンと言います。

プロのトーナメントを見るとほとんどのプレーヤーが
自分のルーティンをきちんと守って実行しています。

皆さんはどのようなルーチンをしているのでしょうか?

最初に素振りを2回して、ボールの後方に行ってから、
ターゲットを決めアドレスというルーティンの人。

アドレスしたあとに素振り1回というルーティンの人。

アドレスしたあとにワッグルをするというルーティンの人。

様々なルーティンがあります。

ではルーティンは、何のためにするのでしょうか?

ゴルフのショットはいつも平常心で打つことが理想です。

しかし、ラウンド中はホールロケーション、風、ハザード、
ボールのライなどのプレッシャーがかかる場面も出てきます。

そんなとき、普段どおりに平常心でリズムよくスイングするために
ルーティンがとても効果的です。

いつも自分の決めたルーティンの手順を守って実行していると
プレッシャーのかかる場面でも、余計なことを考えずに打てます。

もう少し、分かりやすく言います。

いつも同じルーティンを行うことによって、
いつも同じスイングがしやすくなります。

ルーティンとスイングは、一連の動作と考えれば、
もっと理解できるかもしれません。

これまで、ルーティンとして決まった動作をしていなかった人には、
ルーティンの効果を理解しにくいと思います。

是非、次回のラウンドから自分のルーティンを決めて
実践してみてください。

ショットを打つごとに、大切さを実感できるはずです。

打つ前に余計なことを考えてしまう人、
ここ一番で力んでしまう人などは特に効果が上がるでしょう。

私のルーティンは、ボールの後方に行きターゲットを決め、
そのライン上にスパットを見つけます。

クラブのフェースをボールとスパットに対して直角に合わせます。

それから左足、右足の順にスタンスをします。

アドレスができたら、迷わず、すぐに打ちます。

私はルーティンの中では、素振りはしません。

素振りは、ルーティンに入る前に終わらしておきます。

素振りをしないことで、余計なことを考える時間を少なくしている訳です。

このルーティンは、自分でもとても気に入っています。

皆さんも自分にあったルーティンを確立してくださいね!

スポンサードリンク