転がりのいいパッティング

パッティングのスイング軌道は、ダウンブローとアッパーブローの
どちらが良いかご存知でしょうか?

答えは、アッパーブローです。

では何故、アッパーブローなのでしょうか?

アッパーブローに打つことによって、
ボールにオーバースピンがかかります。

オーバースピンのかかったボールは、直進性に優れ、転がりが良く、
距離感が合いやすくなります。

逆にダウンブローに打つとボールはスムーズに転がらず、
距離感が合いにくくなります。

傾斜などによるスライスやフックラインの場合、
アッパーブローに打つほうが直進性に優れるため
曲がりの影響は少なくなります。

したがって、ラインにのせやすくなります。

アッパーブローに打って、オーバースピンをかけることを
しっかり身につけましょう。

とっておきの練習法を紹介します。

ボールのすぐ後ろにコイン(ボールマーカーでも可)を置きます。

そのコインに当たらないようにパッティングします。

そうすることで、ヘッドが最下点を過ぎ、
やや上昇中にアッパーブローでヒットできます。

そして、ボールにはオーバースピンがかかります。

自分のイメージした距離よりも転がったという人は、
この練習の効果があらわれています。

自分の距離感も、もう一度見直しておきましょう。

スポンサードリンク