コースをイメージした練習法

練習場で、より実践的に行える練習法を紹介します。

まず、コースのスコアカードを準備しましょう。

スコアカードは、
次にラウンドするコースのスコアカードがあれば最適です。

なければ、以前ラウンドしたときのスコアカードで結構です。

スコアカードには、ホールレイアウト(図)や
ホールごとのヤード数などが表示されています。

1番ホールからラウンドしているイメージで、練習してみましょう。

各ホールのティーショットを打つ前に、必ずホールレイアウトを見て
練習場にそのホールをイメージしましょう。

そして、どこを狙って打つのか明確にイメージします。

ショットを曲げてしまったときは、
ラフからフェアウェイに戻すショットを打ちましょう。

チョロをしたときも、その分残りの距離を計算しなおして
次のショットを練習しましょう。

グリーンを狙ったショットがそれたりしたときは、
アプローチショットを打ちましょう。

いつも残りの距離を常に把握して、グリーンオンするまで練習しましょう。

パッティングまでできればいいのですが、そこまでは難しいですよね。

各ホールごとにグリーンオンまでの打数を記録しておきましょう。

そして、パーオンの打数と自分のグリーンオンの打数を
比較してみましょう。

パーオンの打数 = パーの打数 - 2打。

つまり、ロング3打、ミドル2打、ショート1打です。

何度も同じコースをイメージして練習するのも良いですし、
毎回、異なるコースをイメージして練習するのも良いと思います。

繰り返すうちに、自分の得意なコースやショット、
逆に苦手なコースやショットが発見できるかもしれません。

この練習法は、ラウンド時に近い緊張感を得られ、
ただ打つだけのマンネリ化した練習とは質が異なります。

とても、良い練習法なので皆さん試してみてくださいね。

スポンサードリンク