持ち球とティーグラウンド

ティーグラウンドからのティーショットは、
左右のティーマーカーの範囲内であれば
左右、中央など、好きな場所を選ぶことができます。

ラウンド中、皆さんはティーグラウンドの幅を有効に使っていますか?

18ホール、全てティーグラウンドの中央から打っていた。

なんて人もいらっしゃるのではないでしょうか?

ティーグラウンドの幅を有効に使う方法を紹介します。

まず、自分の持ち球の確認からです。

貴方の持ち球がスライス(フェード)の場合、
ティーグラウンドの右端からフェアウェイの左側を狙って打ちます。

そうすることで、右に曲がるボールでも、
フェアウェイを広く使うことができます。

逆に、持ち球がフック(ドロー)の場合、
ティーグラウンドの左端からフェアウェイの右側を狙って打ちます。

そうすることで、左に曲がるボールでも、
フェアウェイを広く使うことができます。

これを、実践するだけでフェアウェイキープ率は上がり、
OBの数は減るでしょう。

必ず実践してみてくださいね!

スポンサードリンク