アプローチの距離感を惑わす錯覚

ミドルホールのセカンドやショートホールのティーショットなどの
グリーンを狙うショットを打つとき、
必ずピンまでの距離を確認しますよね。

ヤーデージ杭を見て計算したり、
キャディーさんに確認したりしていると思います。

しかし、アプローチの距離になると、
見た目で距離を判断して打っている人も少なくないと思います。

距離が短くなればなるほどそうだと思います。

この「見た目で距離を判断」するときに、
正確な判断をしづらくさせるものに周りの景色があります。

代表的な例として、ピンフラッグの長さがあります。

ピンフラッグは、どのホールも全て同じ長さではありません。

打ち上げのホールでグリーンが高い位置にある場合は、
ピンフラッグが短いとセカンド地点から見えないこともあり、
ピンフラッグが長くなっているケースもよくあります。

では、ピンフラッグの長さによって、
距離の錯覚がどのように生じるのでしょうか?

ピンフラッグが長い場合 = 実際よりも短い(近い)距離に錯覚しがち

ピンフラッグが短い場合 = 実際よりも長い(遠い)距離に錯覚しがち

その他にも、

グリーン奥に高く密集した木が生えている場合

   = 実際よりも短い(近い)距離に錯覚しがち

グリーン奥に何もなく景色がひらけている場合や、低くい木が生えている場合

   = 実際よりも長い(遠い)距離に錯覚しがち

このように錯覚しがちです。

自分で、見た目で距離を判断する場合は、
このようなことをしっかりと覚えておきましょう。

一番いいのは、距離が短くてもキャディーさんに確認するのが
ベストだと思います。

距離の短いアプローチこそ、シビアに狙わないといけないショットです。

正確な距離を確認して、狙っていきましょう!

スポンサードリンク