ドライバーのスライス矯正(ボールを右上から見る)

アドレスでボールを真上から見て、
目線や頭の位置を動かさない意識が強く、
肩が回らずにスライスが出る人におすすめの
ドライバーのスライス矯正法を紹介します。

ボールを真上から見る位置で頭を固定してスイングすると、
バックスイングで左肩が下がり、肩が深く回らずに
アウトサイドインのスイング軌道になってしまいます。

当然、スライスになります。

この様なスイングの人は、バックスイングで左肩が下がり、
左足体重になり、フィニッシュでは右肩が下がり、
右足体重になる特徴があります。

バックスイングとフィニッシュの両肩の動きが激しく、
全体的にスムーズさを欠くスイングに見えます。

この様なスイングの人におすすめする、ドライバーのスライス矯正法です。

アドレスのとき、ボールを真上ではなく右の斜め上から見るようにします。

つまり、ボールの右上を見るようにします。

バックスイングのとき、頭が少し動いても構いません。

あごの下に左肩が入るまで肩を回しましょう。

そのとき、右肩を少し引くようにイメージすると
左肩があごの下に入りやすくなります。

スイング中は、常にボールの右側に頭がくるようにしましょう。

スポンサードリンク