アイアン上達(スリークウォーターショット)

アイアンの上達には、ヘッドの入射角度を安定させることが大切です。

スイングするたびに、入射角度がばらばらということでは、
狙ったところに安定して打つことができません。

常に安定した入射角度を保ちながらスイングするためには、
体と腕の同調が必要不可欠です。

腕だけで振るのは、勿論NGで、
体に対して腕の動きが大きいとダフったり、トップしたりします。

体の回転の動きにつられて腕がついてくるような
スイングを目指しましょう。

アイアンが上達する練習法を紹介します。

まずは、アイアンの中間のクラブである、6番アイアンを使いましょう。

飛距離は、2番手程度下げたクラブの飛距離を目安にします。

この場合は、8番アイアンの飛距離です。

スリークウォーターショットで打ちます。

フルスイングの4分の3のスイングです。

バックスイングで、左腕が地面と平行になり、
クラブが地面と垂直になった位置がトップです。

フォロースルーもクラブが地面と垂直になるようにしましょう。

バックスイングとフォロースルーの形が
左右対称になるようなイメージです。

スイング中、必ず手元を胸の前にキープします。

トップ、インパクト、フォロースルーまで、手首の角度をキープします。

フォロースルーで、体が目標方向に向くようにします。

この練習は、狙ったところに打てるようになるまで継続しましょう。

スリークウォーターショットは、
体と腕を同調させないと上手く打つことができません。

このスリークウォーターショットで、体と腕の同調が上手くできれば、
フルスイングにも生かされます。

スポンサードリンク