ラフ(夏のラフ)

夏のラフは、芝が密集して生えています。

冬のラフに比べるとショットの難易度は格段にアップします。

ボールが地面から浮いている場合は、まだいいのですが、
すっぽりと沈んでいて、地面に密着している場合は、
なかなか脱出するのが困難です。

こういう場合、ついつい上から打ち込んでしまいがちですが、
打ち込むと飛ばなかったり、ダフったりすることが多くなります。

夏のラフで、ボールがすっぽりと沈んでいて、
地面に密着している場合の打ち方を紹介します。

フェースはオープンに構え、スタンスもオープンにします。

こうすることで、芝の抵抗を少しでも少なくします。

フェースは、オープンに構えていますが、
芝の抵抗でフェースが返りまっすぐ飛んでいきます。

クラブのリーディングエッジで芝を刈り取るイメージで、
早めにコックを行い、コンパクトに振りましょう。

フルスイングではなく、
スリークウォーターショットに抑えることが得策です。

あくまでも脱出することを優先しましょう。

スポンサードリンク