飛距離アップ(左足の踏ん張り)

切り返しから左足へ体重移動が行われますが、
そのとき左足のつま先が浮いてしまい、かかと側だけに体重がかかると、
腰が引けてカット打ちのスライスになり飛距離が出ません。

逆につま先側だけに体重がかかると、上体が突っ込んでしまいます。

どちらか一方ではなく、
つま先とかかとの両方に体重がかかるのが正解です。

左サイドが流れないように、正しい左足の踏ん張りによって、
左サイドの壁を作り、飛距離アップをはかる練習法を紹介します。

切り返しから左足に体重移動するときに左足のつま先とかかとを
踏ん張るようにします。

このとき、つま先が開かないように我慢しましょう。

つま先が開いてしまうと、体も開き、
クラブのフェースも同様に開いてしまいます。

その結果、スライスとなります。

また、左足の小指側に体重が乗って、
親指側が浮いてしまわないように注意しましょう。

つま先は、親指側で踏ん張りましょう。

この踏ん張りによって、左サイドが流れるのを防ぎ、
左サイドの壁を作ることができます。

この力強い左サイドの壁によって、飛距離アップがはかれます。

スポンサードリンク