グリッププレッシャー

グリッププレッシャーとは、グリップを握る力の強さのことを言います。

皆さんはグリッププレッシャーは、どのぐらいでスイングされていますか?

理想は、スイングしたときにクラブが飛んでいかず、
インパクトの衝撃などでフェース面が狂わない程度で、
可能な限りゆるく握ることです。

強く握ると、手首や腕、肩、上体まで力が入り硬くなり、
スムーズなスイングの邪魔をしてしまいます。

自然なクラブのフェースターンを妨げることとなります。

ゆるく握ると自然にフェースターンが行われ、
その結果飛距離もアップします。

特に飛ばしたいときは、ゆるく握り、手首や腕、肩、
上体をリラックスさせるとヘッドスピードも上がります。

飛ばしたいときほど、ゆるく握ることが大切です。

但し、コントロールを重視したい場面では、
先程説明したゆるく握るに比べ、
やや強く握るほうがコントロールしやすいです。

やや強くと言っても、手首や腕、肩、上体まで力が入る程、
強く握ってはいけません。

やや強く握ることによって、
自然にフェースターンする動きを少なくします。

そうすることによって、飛距離は落ちますが、
コントロール性を高めることができます。

練習場で、グリップの握る強さを意識して打ってみましょう。

色んな強さで打ってみることも良いかもしれません。

スポンサードリンク