フィンガーグリップとパームグリップ

グリップの握り方には、手のひらで握るパームグリップと、
指の付け根で握るフィンガーグリップがあります。

パームグリップで握ると手首の自由度が狭まり、コックしずらくなります。

フィンガーグリップで握ると手首の自由度が高まり、
コックしやすくなります。

フィンガーグリップで握ることをおすすめします。

握り方は、左手の小指の付け根から、
人差し指の第一関節と第二関節の中間にクラブのグリップをあてがいます。

そして、左手の小指、薬指、中指で握ります。

親指と人差し指は添えているだけです。

右手は、薬指と中指で握ります。

親指、人差し指、小指は添えているだけです。

左手をこうして握ると、手首の自由度が増します。

左手だけでクラブを握った状態で、
上下にクラブを動かしてみると実感できると思います。

左手だけで同じ強さでクラブを握り、
パームグリップとフィンガーグリップで
どちらがクラブのシャフトが回りやすいか試してみてください。

右手でヘッドを持ってシャフトを軸にして回転させてみましょう。

フィンガーグリップのほうが、回転しにくいことが分かると思います。

このようにフィンガーグリップは、パームグリップに比べ、
同じ力でもしっかりグリップできていることが分かります。

インパクトの衝撃などでフェースが狂わず、
あまり力を入れなくてもしっかりとグリップでき、
手首の自由度が増す握り方がフィンガーグリップです。

皆さんは、フィンガーグリップですか?

それともパームグリップですか?

グリップした左手を開いてみて、
自分がどちらのグリップか確認してみましょう。

パームグリップの人は、フィンガーグリップにしましょうね!

体とクラブの唯一の接点であるグリップ、
このグリップが正しくないとボールに正しい力が到達しません。

グリップはとても大切です。

スポンサードリンク