球筋が確立できないハンディ

球筋には、スライス、フェード、フック、ドロー、
ストレートなどがあります。

貴方の球筋は、どうでしょうか?

特に初心者の人は、打つ度にどちらに曲がるかわからない人も
多いのではないでしょうか。

また、3分の2がスライスの球筋で、
3分の1がフックという人もいるかもしれません。

このような状況では、自分の球筋が確立できていません。

ラウンド時、自分の球筋が確立できていない人は、
どちらに曲がるか分からないので、
必然的にフェアウェイの真ん中を狙って打つことになると思います。

ここで考えていただきたいのは、曲がりの許容範囲です。

フェアウェイ真ん中を狙って、
フェアウェイをキープできる曲がりの許容範囲は、
どちらに曲がってもフェアウェイの幅の半分と言うことになります。

それ以上曲がってしまうとフェアウェイはキープできません。

では、自分の球筋が確立している人だとどうでしょうか?

球筋がスライスの人を例にして考えてみましょう。

スライスするのを想定して、フェアウェイの左を狙って打ちます。

自分の思ったよりスライスの曲がりが小さかった場合、
フェアウェイ左サイドをキープできます。

自分の思ったよりスライスの曲がりが大きかった場合、
フェアウェイ右サイドをキープできます。

(勿論、とてつもなく大きく曲がってしまうと駄目ですが)

このように、一定方向にしか曲がらないのであれば、
フェアウェイの幅いっぱいに広く使うことができます。

したがって、曲がりの許容範囲は、フェアウェイの幅の全てとなります。

フェアウェイをキープするための曲がりの許容範囲は、

自分の球筋が確立できていない = フェアウェイの幅の半分

自分の球筋が確立できている  = フェアウェイの幅の全て

となります。

どうでしょうか?

ラウンドする上で、自分の球筋が確立できていないと
どれだけハンディになるかお分かりいただけたと思います。

フェアウェイをキープすることを例にしてますが、
OBについても同様のことが言えます。

まずは、どの球筋でも構いませんので、
一定の球筋のボールが打てるようになることが最優先です。

自分の球筋が確立できれば、スライス → フェード、
フック → ドローのように曲がりを少なくするようにしましょう。

大きく曲がると、障害物に当たったり、飛距離をロスしたりするので、
曲がりは少なくすると良いでしょう。

スポンサードリンク