ラウンド後の練習が大切

ラウンドが終わった後、練習場に行き練習している人は
どれぐらいいらっしゃるでしょうか?

ラウンドの日は、そのまま帰宅という人が大半ではないでしょうか。

皆さんはいかがですか?

その日のラウンドの反省やスイングの分析などを兼ねて、
練習場で練習することはとても大切です。

ドライバーがスライスしてOBを連発した。

ロングアイアンがダフってしまった。

アプローチが寄らなかった。

そんなラウンドでのミスショットを克服するために、
そのミスショットしたクラブを上手く打てるようになるまで
練習するのは、とても効果があります。

では何故、その日に練習したほうが良いのか?

まず、どういう場面で、どういうミスをしたかを鮮明に覚えている状況で
練習をするのが効果が高いからです。

それと、その日の調子というものがあり、
日が変われば調子も変わってしまうからです。

数日後、練習場に行き、ミスショットしたはずのクラブで練習すると
ナイスショットばかりだった。ということも良くあることです。

これでは、ミスショットの原因がどこにあるのかが分からないまま
次回のラウンドを迎えることになり、次回のラウンドで
また同じミスを繰り返すことにつながります。

分析しても原因が分からないものもありますが、
分かるものも多いはずです。

その日の記憶が鮮明なうちに、その日の調子のままで行う練習は、
本当に大切です。

これを継続するのとしないのでは、
ゴルフのスコアに大きく差が出てくるでしょう。

皆さん是非、試してみてください。

普段の練習とは一味違うことを実感できると思います。

スポンサードリンク