ラフから打つ前の素振り

ラフに入ってしまったら、ボールのライを確認して、
芝目、芝の長さや密集度などをよく観察しますよね。

その後、そのまま打ってしまう人をたまに見かけます。

これ、とっても勿体ないことです。

スイングしたときに、
芝の抵抗がどれぐらいあるのか見ただけでは分かりませんよね?

ラフの場合は、バンカーと違ってソールできます。

勿論素振りもできます。

ラフから打つ前に、ボールの置かれている状況に一番似ているところで
素振りをしましょう。

つまり、地面の傾斜や、芝目、芝の長さ、
芝の密集度などが似ているところを探して、素振りをすると言うことです。

素振りは、実際にボールがある高さにあわせ、
芝を刈り取るようにスイングしましょう。

そうすることによって、どれぐらい芝の抵抗があるかを体験できます。

また、その抵抗に負けないグリップの強さなども素振りによって、
学ぶことができます。

思ったより、抵抗が強い場合はクラブの番手を下げて、
脱出優先に切り替えたりすることもできます。

このように素振りで、ある程度のリハーサルができます。

このリハーサルをするかしないかで、
結果も大きく変わってくるでしょう。

皆さん、実行してくださいね!

スポンサードリンク