フェースターン

スイングするとき、体の回転にひっぱられて、
少し遅れて腕のローテーションが行われます。

それに伴って、クラブのフェースのターンが行われます。

クラブフェースは、アドレスでスクエアな状態です。

テークバックが進むにつれ、フェースも開いていきます。

クラブが地面と平行になったときに、フェースは正面を向きます。

ダウンスイング以降、開いたフェースは、閉じられていきます。

そして、インパクトを迎えるときにフェースは、スクエアに戻ります。

フォロースルーでは、フェースは閉じた状態になります。

このように、スイング中クラブフェースは、
開いて閉じるという動きが行われています。

これは、腕のローテーションによって、自然に行われている動きです。

そんなこと意識したこともなかったという方も
多いのではないかと思います。

決して、フェースはアドレスからインパクトまでスクエアのまま
スイングしているのではありません。

ここをしっかりと覚えておいてください。

体の回転にひっぱられ、少し遅れて腕のローテーションとともに
フェースターンが行われます。

この動きが同調しなければ、ショットの方向性や距離感が安定しません。

バックスイング、ダウンスイングのときも
フェースがスクエアになっている方、
フォロースルーのときも、フェースがスクエアになっている方は、
正しいフェースの向きになるように修正しましょう。

また、方向性や距離感が安定しない方は、
フェースターンを意識してみると良いかもしれません。

フェースターンを意識するあまり、
腕だけで操作するような打ち方にならないように注意しましょう。

あくまでも、体の回転と同調させてスイングすることが大切です。

体、腕、フェースターンが上手く同調すれば、
つかまりの良いスイングになりますよ!

スポンサードリンク