飛距離アップ(左ひざの角度と向きをキープする)

左ひざの正しい動きによって、左サイドの壁を作り、
飛距離アップをはかる練習法を紹介します。

スイングは、体を回転させて右サイドにためた力を、
切り返しから一気に左サイドで受け止めます。

その受け止める強力なエネルギーが、よく言われる「左サイドの壁」です。

この左サイドの壁が、強力であればあるほど飛距離アップにつながります。

その左サイドの壁を作るのに、とても大切なのが、左ひざです。

切り返しから左足に体重移動したときに、
左ひざが左足より左に流れてはいけません。

左ひざが左足よりも左に流れる状態をスエーと言います。

このスエーの状態になると、左サイドの壁は作れず、
力強いボールを打つことはできません。

左ひざがスエーしないように、アドレスで作った左ひざの角度、向きを、
フォロースルーまで維持することが重要です。

左ひざの角度と向きをキープしたままスイングすることによって、
右サイドにためた力をしっかりと受け止める
強力な左サイドの壁ができるのです。

まずは、練習場で左ひざの角度と向きをキープしたままのスイングで、
ボールを打ってみましょう。

左ひざの角度と向きをチェックしながら練習してみてくださいね。

左サイドの壁を作る上でもう一つアドバイスです。

頭は、ボールの位置より右側に残すことも
左サイドの壁を作るポイントです。

スポンサードリンク