ロブショットの基本

ロブショットとは、ボールを高く上げて止める
アプローチのことをいいます。

ピッチショットもボールを高く上げるアプローチですが、
ピッチショットよりもさらに高く上げるのがロブショットです。

ロブショットは、アプローチの中で最も難易度の高いアプローチです。

高低差がとても大きな砲台グリーンの場合は、
ロブショットで寄せるのに適しています。

ロブショットで使用するクラブは、
サンドウェッジが主に使用されています。

オープンスタンスでスタンス幅を狭くし、右足体重で構えましょう。

フォロースルーに入るまで、体重移動は行ってはいけません。

ボールは左足の前に置いてフェースはオープンにして構えます。

このとき、フェースのロフトを寝かせます。

ロブショットは、バンカーショットと同様に、
ヘッドをリーディングエッジからではなく、
バンスから下ろしてこなければいけません。

高いフィニッシュになるようにしましょう。

ロブショットは、ボールが高く上がるので、
ボールは止まりやすくなります。

ボールを上げようとして、
すくい上げるようなスイングにならないように注意しましょう。

きちんとスイングすればロフトがボールを上げてくれます。

ロブショットは、アプローチの中で最も難易度の高いアプローチです。

ランニングアプローチ、ピッチエンドラン、ピッチショットなどで、
対応可能な場面では、ロブショットの選択は避けるのが懸命です。

どうしても、ロブショットしか対応できない場面でのみ、
ロブショットを選択することが基本だと考えましょう。

スポンサードリンク