飛距離アップ(右足の蹴り)

ダウンスイングからインパクトにかけて、
右足のつま先で地面を蹴ることによって、
飛距離アップをはかる練習法を紹介します。

スイングのバックスイングやトップで、右サイドに蓄えたパワーを、
切り返し以降に左サイドへ一気に移行していきます。

その右サイドに蓄えたパワーを左サイドにロスなく伝達することによって、
最大のパワーを生み出します。

ダウンスイングからインパクトにかけて、
右足のつま先で地面を勢い良く蹴ります。

その反動で、かかとは少し浮きます。

この右足を蹴ることによって、素早い腰の回転を生み、
飛ばしに必要なパワーを左サイドに伝えることができます。

このように、右サイドのパワーを左サイドへ移行していきますが、
強力な左サイドの壁ができていなければ、しっかりと受け止められません。

右足の蹴りの効果を最大限に生かすためには、
左サイドの壁もしっかりしていなければいけません。

左サイドの壁は、

を参考にしてください。

右足の蹴りと左サイドの壁がきちっとできれば、
飛距離アップは間違いないでしょう。

皆さんも右足の蹴りを意識して練習してみてください。

スポンサードリンク