アプローチの距離感を養う(右手1本スイング)

皆さんアプローチの距離感は、
左手と右手どちらで出していると思いますか?

正解は、右手の感覚で出しています。

この右手の感覚を磨くことで、アプローチの距離感は養われます。

アプローチの距離感を養う、とっておきの練習法を紹介します。

練習場で、ウエッジを持ち、右手1本でアプローチします。

狙う目標を設定し、右手1本で狙っていきましょう。

距離感があってきたら、目標の距離を変えて練習しましょう。

その次は、1打1打目標の距離を変えて練習してみましょう。

上手く打てるようになれば、両手で普段どおりアプローチしてみましょう。

両手で握っていても、右手の感覚を大切にアプローチします。

どうですか?

上手く距離感が出せていますか?

アプローチの距離感が良くなれば、必ずスコアアップに直結します。

皆さん、是非練習してくださいね。

スポンサードリンク