パッティング(フォロースルーストローク)

転がりの悪いパッティングは、グリーンの傾斜の影響を受けやすく、
ラインに乗せるのが難しくなります。

また、直進性も劣りショートなどのミスの原因にもなります。

このように、転がりのいいパッティングができるかどうかは、
カップインの確率を大きく左右します。

転がりの悪いパッティングの原因の一つに、
フォロースルーがきちんとできていないことがあります。

テークバックは大きいのに、フォロースルーが小さい、
あるいはインパクトで止めてしまうようなフォロースルーがないような
パッティングになっている方が結構います。

転がりのいいパッティングを打つには、
フォロースルーを大きくすることが大切です。

転がりのいいパッティングが打てるようになる、
おすすめの練習法を紹介します。

ボールにパターのフェースをつけたまま、
テークバックせずにヘッドを押し出してパッティングします。

つまり、フォロースルーだけでストロークします。

パッティングは、手首を固定して、腹筋・背筋を使って、
目標方向にフェースを押すようにしましょう。

距離は、2、3m程度で練習しましょう。

この練習によって、フォロースルーを大きくすることが体感でき、
転がりのいいパッティングになります。

この練習が終わったら、通常どおりのパッティングをしてみましょう。

どうでしょうか?

フォロースルーは大きくなりましたか?

転がりのいいパッティングが打てていますか?

スポンサードリンク